妊活

不妊治療で使うお薬<クロミッド>

不妊治療で使うお薬<クロミッド>

はじめに

今回は不妊治療でよく使われている<クロミッド>についてお伝えしたいと思います。

クロミッドとは?

クロミッドは排卵誘発剤の一つで、
不妊治療で最も使われる飲み薬です。
タイミング法、人工授精、体外受精の
どのステップでも使用されます。
また、不妊治療だけでなく
多嚢胞症候群で無排卵と診断を受けた場合、
排卵を起こす目的で処方されることもあります。

排卵誘発剤とは?

文字にすると、排卵をさせるお薬ですが
卵を育てるお薬』と覚えて頂くと良いと思います。

飲む時期はいつ頃?

主に生理3日目から4日間服用することが多く、
卵の成長度合いによっては7日間程度服用することがあるようです。

刺激量は強いの?

卵を育てる作用はマイルドです。
基本は1日1錠の服用、低刺激のクリニックであれば1日0.5錠の服用を指示されることがあるようです。採卵周期で刺激をする場合、他のお薬と併用されることもあります。

POINT

脳に「卵を育てて!」という刺激を起こすお薬になります。
自然に近い状態で卵を育てるので、安全性が高いのも特徴です。

副作用はあるの?

主に子宮内膜が薄くなること、排卵期の頸管粘液の減少が挙げられます。
他には頭痛や目まいが挙げられ、車の運転には注意しましょう。

他の排卵誘発剤について

レトロゾール
セキソビット
ゴナールエフ
HMG
FSH

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。