骨盤の歪みからくる男性不妊

骨盤の歪みからくる男性不妊

男性不妊とは

今回は男性不妊と骨盤の歪みについてです。
不妊治療といえば女性が行うイメージがまだまだありますが、WHO(世界保健機関)によると男性が原因での不妊は24%男女共に原因がある場合が24%、女性に原因がある場合が41%となっています。
これを見ると男性が不妊の原因である割合は48%です。
男性の精子と女性の卵子があって初めて受精出来るのですからよく考えればそうなのですが、初めて知った時は僕も少し驚きました。

男性不妊の原因

不妊の原因が男性にある場合、精子が問題となってきます。
「自分には性欲もあるし、やる事やってるから大丈夫!」
と思っている方は多いのでは無いでしょうか?実はそう思っている方でも何らかの原因がある方も多いのです。
その原因を見ていきましょう。

男性不妊の主な原因として以下のものが挙げられます。
①造精機能障害 → 質の良い精子が作られない
②精路通過障害 → 精子の通り道に問題がありうまく進めない
③精機能障害 → 射精がうまく出来ない

3つのうち、不妊の原因の90%は①の造精機能障害と言われています。
精子をうまく作る事が出来ないこの状態は、精子が全く無い「無精子症」、精子の数が少ない「乏精子症」、精子に元気がない「精子無力症」などがあります。
②は精子の通り道が狭かったり詰まっている場合に起こります。先天性のものや、ケガで起こる場合もあります。
③は勃起や射精がうまく行えない場合に起こります。病気やストレスなどで陰茎に血液が流れにくい場合などに起こります。

男性に取っては目を背けたくなる話かもしれませんが頑張って向き合っていきましょう!

精子と精管

そもそも精子というのはどこで作られ、どこを通って行くかというと、
精子は精巣の中の精細管で74日かけて作られ、精巣上体で成熟し蓄えられます。
そして約40㎝という長い精管を通り射精されます。

そこで精管の通り道である骨盤が歪んでいたらどうでしょう?
精管が歪みにより圧迫されます。
さらに精管のすぐ近くには膀胱や太い動静脈も通っていますし、陰部神経や陰部大腿神経も圧迫されやすくなります。
陰部神経は陰茎を支配している神経なので、ここが圧迫されると性行為に問題が出てきます。陰部大腿神経は陰嚢に問題が出て来ます。
精管を通る精子はそれだけ長い道のりを長い時間かけて通っているわけですから、少しの歪みが小さな精子にとっては大問題になってきます。

男性不妊と骨盤矯正

当院では、鍼灸による男性不妊の治療だけでなく、骨盤矯正による歪みの矯正も行います。
それにより、より質の良い精子を作れる様になります。

女性が主体で行う事が多い不妊治療に男性が積極的に参加する事によって、我が子を抱き上げられた時の感動もより増していきますし、家族の絆もとても深まると思います。
一人でも多くの男性が主体的になれる様にサポートしていきますので気になった方はいつでもご連絡下さい。

最初は恥ずかしいという方もこっそりとご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. 骨盤セルフチェック

    骨盤セルフチェック

  2. 東洋医学的!不妊症NG習慣

    東洋医学的!不妊症NG習慣

  3. とても大切な栄養素タンパク質①

  4. 不妊でお悩みの方(鍼灸はハードルが高いので骨盤矯正に行ってみよう)

    不妊でお悩みの方(鍼灸はハードルが高いので骨盤矯正に行ってみ…

  5. ピックアップ障害と骨盤矯正

    ピックアップ障害と骨盤矯正

  6. 不妊の主な原因

    不妊の主な原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP